製薬会社向け研修

「社内継続研修」も「医薬品情報提供」もオンラインコミュニケーションの時代へ
個別対話式のオンラインMRの人材育成を今

MR訪問規制の増加などにより、MRによる医薬品情報提供活動は変換点を迎えています。
効率よく情報を手に入れたい多忙な医療機関に対し、顧客へ必要・適正な医薬品情報提供を行うルートとして、オンラインの問い合わせによる個別対話式の情報提供活動のニーズが今後増加すると思われます。
医療用医薬品の情報提供活動を支援してきた株)健育社が 問い合わせ、求める情報に即応できる「医薬品情報提供オンラインスタッフ」の活動を担う人材育成をご支援します。

対象先

製薬企業様

製薬企業様

医療用医薬品・特約店企業様

医療用医薬品・特約店企業様

コールセンター受託企業様

コールセンター受託企業様

受講の対象者

オンラインMR(医薬情報担当者)

オンラインMR(医薬情報担当者)

オンライン問合せ電話コールセンター

オンライン問合せ電話コールセンター

メディカルサイエンス リエゾン

メディカルサイエンス リエゾン

教育研修担当者 Webinar MC担当者

教育研修担当者 Webinar MC担当者

医療従事者向け研修の特徴

1)アナウンサー講師を起用。「声を届けること」を徹底・意識化・習慣化

オンラインで「声」を適切に届けることは、日常会話に比べてより「話し方」「発声」のスキル向上と意識が必要です。確実に相手に内容を届けるための基本的な発声、表情、文章を届けることから学びます。

2)相手に合わせた対話でコミュニケーションも最大化

DiSC®理論は、意識・価値観など人の行動特性を理解でき、かつ、対話に応用ができるツールです。デバイスを通しても、対話・コミュニケーションが基本。コミュニケーションを最大化するために自己理解と他己理解から対話のスキルを深めます。

3)定着を支えるフォローアップ体制

学びの定着には一定期間の練習とフォローアップが大切です。定点講座やコーチングやカウンセリング指導など、ニーズに応じて対応します。

製薬企業向け研修メニュー例

オンラインMRスキル研修
オンラインMR
スキル研修

◆オンラインMRスキル研修(Webinar担当等)
オンライン診療は2次元の狭い枠の中でのコミュニケーション。対面と比べ意識すること・ものが異なります。オンラインでの意識、対話スキルを発声のプロ、アナウンサーがお伝えします。さらに、受講者同士が情報をシェアするアクティブラーニングを導入し、「成長する研修」を提供します。
【受講の対象者】
オンラインでMR活動、医薬品情報提供を実施する担当者、Webinarやe-learning動画研修登壇者など
【時間】
3.5時間×2回(1~2週間隔をあけて)
フォローアップ等も応相談(推奨)

お問い合わせはこちら

コールセンタースキル研修
コールセンター
スキル研修

◆コールセンタースキル研修
コールセンターは、声だけで相手のニーズを捉え、適切に回答する重要な役割です。ルーチンの対応マニュアルを読み上げる状態では、「声を届け、伝える」ことができているでしょうか。声のスキルにあわせ、話し方の手順を考えるワークを含めて一連の会話手法を変化させていきます。
【受講の対象者】
コールセンター新規担当者 4~8名
【時間】
3.5時間×2回(1~2週間隔をあけて)
フォローアップ等も応相談(推奨)

お問い合わせはこちら

DiSC®行動特性に応じたコミュニケーション力向上研修
DiSC®行動特性に応じたコミュニケーション力向上研修

◆DiSC®コミュニケーション 社員・顧客間対応
動機付けに必要な行動特性は、自分と周囲の方で異なります。
このタイプを知ると、その視点に合わせたコミュニケーションができ、行動へ結びつくことがよりスムーズとなります。
仲間と自己理解で一歩先の関係性の構築に役立てましょう。
【受講の対象者】
オンラインMR、コールセンター担当、その他
【時間】
7時間~

お問い合わせはこちら